Petite Roche
×ふたりで観た映画たち ○ひとりで観た映画たち
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
『有頂天ホテル』
たつくん、風邪なのでひきこもりデート

THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション THE 有頂天ホテル スペシャル・エディション
役所広司 (2006/08/11)
東宝

この商品の詳細を見る

見よう見ようといってたのに
ずっとずーっと先延ばしになってたけど
ついに見ました。
面白いよと聞いてから観るまでにすごい時間がかかったね。

不覚にも熱を出してしまって、布団の中で観たのだけど
やっぱ三谷作品は安心して見れるね。

で、観ていて気がついたのが、カメラの長廻し。
水野晴夫のような自己満足なものではなくて、ちゃんと考えられてる。
この映画、主人公がいない。というか多い。
各主人公が同じ時間軸でそれぞれの物語を、お互いに絡みながら進めていくのだけど
主人公が切り替わるときにはほぼ1シーン切れ目なく撮ってる(と思う)。
要は、違和感なくザッピングするために長廻しが多用されているわけ。
ちょっと感心したよ。

たつや


明るくて、安心して観れる映画だよーってみなっちに勧められて。
キャストが中途半端(?)に豪華で、おなかいっぱぃになった。
ストーリーはよくわかんないんだけど
とりあえず最後はみんなハッピー♪って感じだったので
リアルタイムで観たらヨカッタカモ。
お正月に家で、とか。
きっと楽しい年明けになることでしょう。

役所サンの痛すぎるキャラが
あゆは観てて笑えなかった…
(悲しいとすら思った 爆)

ちょっと観点違うけれども
ホテル業ってタイヘンだよなー。。。とも思った。

あゆみ
スポンサーサイト
【2007/03/04 14:00】 | @maison | トラックバック(0) | コメント(0)
<<『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』 | ホーム | 79th ACADEMY AWARDS>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://petiteroche.blog89.fc2.com/tb.php/18-f57c08b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

訪問者


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。