Petite Roche
×ふたりで観た映画たち ○ひとりで観た映画たち
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
『バベル』
in TOHOシネマズ市川コルトン

菊池凛子さんの体当たりの演技が話題になったね。
映像で気持ち悪くなった人がいるとゆーニュースも。

バベル バベル
()


この商品の詳細を見る
3つの国の物語が併行して進んでくのだけども

正直、最初の感想はわけわからん。
意味不明。
。。。ぃゃ、ひとつひとつのストーリーはわかるんだけど
だからなに?って感じで(汗
結局、何がいいたいのかよくわからなかったのねー…


でも、のちのち考えてみたところ
(たつくんと帰り道に話したりして)
「運命のいたずら」を描いてるのかな、と。


それぞれのキャラクターは
決して悪意を抱いて行動したわけではないのに
そこから不幸が生まれていく。


なんかいたたまれない気持ちになりました。
夜な夜な観る作品じゃぁなぃね…
(それから子供にもみせたくない)


英会話の先生にバベルを観たって話をしたら
「どこの国の話が一番スキ?」って聞かれた。
あゆみはどこがスキとかはないけれど
モロッコの話もメキシコの話もなんか胸がつまったんだよね
でも、日本の話に関しては共感できず。
日本人なのに。(聾唖じゃないからか;)


先生(イギリス人)は日本の話がいちばんヨカッタって。
なんで?意味不明じゃんって言ったら
だからおもしろいって。


なんか感覚がよくわからん。。。

あゆみ

眠いところを栄養ドリンク飲んで臨んだ映画。
前評判はよかったし、かなり期待してみたのだけど・・・。

3つの国でそれぞれの話がザッピングしながら坦々と進んでいく。
ところどころでそれぞれを繋ぐ鍵が出てくるので
それがどう料理されるのかと期待していたら、エンディング。
なんだかなぁ。
最後は3つの話が1つになるのかと思って観ていただけに
残念な感じになってしまった。

で、問題のピカチューなシーンだけど、
たしかにあれは良くないね。
事前情報のおかげで目をそらして事なきを得たけど。


「体当たりの演技」って言われるには
とりあえず脱げばいいのか?と言うことは伝わった。
それだけじゃないだろうけど。


スポンサーサイト
【2007/05/04 00:50】 | @cinema | トラックバック(0) | コメント(0)
<<『初恋』 | ホーム | 新江ノ島水族館>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://petiteroche.blog89.fc2.com/tb.php/25-416c08c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

訪問者


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。