Petite Roche
×ふたりで観た映画たち ○ひとりで観た映画たち
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
『フレンチなしあわせのみつけ方』
ホンモノの家族が家族を演じてるって
ちょっとおもしろい(終わってから知った)
しかもスペシャルなゲスト登場でびっくり。


フレンチなしあわせのみつけ方 フレンチなしあわせのみつけ方
シャルロット・ゲンズブール (2005/08/26)
アートポート

この商品の詳細を見る
フランス映画ってやたら退屈だったり抽象的過ぎたりするきらいがあるよねー
という個人的な偏見のため、見る際にちょっと気構えてしまった(内緒)。
よーく考えてみれば、リュック・ベンソンとか普通にみてるじゃん。と後で気づいたわけだけども。

で、この映画はというと・・・面白かった。
なんでこいつがモテモテなんだ?とか疑問に思うところはあったけども。
何を以って幸せと思うかは、その人次第なんだね。

ただ、最後の<あの人>のエレベーターで上ってくシーンは何だったのかが謎。
あっしー


***
既に内容を忘れつつある自分が怖い…


あのねー、飛行機で見た
「The last kiss」と若干かぶるんだよね 汗
なのでごっちゃになってる。
なってるけど、奥様役はこっちのがキレーだったな。
主役だったし(ラストキスの主役は旦那)


モテてた旦那って、かっこよかったっけか?
でも楽しそうな夫婦だったよね
あんな仲直りの仕方はどーかと思うけれど。


フランス映画ってあまり見たことなかったけど
(大学の授業で見たくらい)
あゆは特に問題ないかも。
基本的に洋画自体が感情移入しづらいタイプだし(爆
あゆみ***
スポンサーサイト
【2007/01/17 22:30】 | @maison | トラックバック(0) | コメント(0)
<<『マリー・アントワネット』 | ホーム | 【ワーナー・マイカル・シネマズ市川妙典】>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://petiteroche.blog89.fc2.com/tb.php/7-d3e30227
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

訪問者


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。